天然ゴム

弊社が取り扱うロール加工製品の特色に、通常表面のゴム巻きをする場合の選択しとして合成ゴム以外にも天然ゴムもオプションとして可能です。
通常、合成ゴムでは一般的なJIS規格で使われる硬度の幅 約 15~98 の間でその種類により用途に応じて柔軟に対応できますが、天然ゴムの場合はピンポイントで硬度 50 近辺のみになります。
これだけ聞くと、全然使い勝手が悪いじゃないか、と思われるかもしれませんが、シーンによっては非常に有用になるケースもあるのです。
以下に天然ゴムのメリットとデメリットをリストアップしてみます。

メリット

  • 摩擦係数が高い(つまり、グリップが良い)
  • 耐候性が高い
  • 引き裂き強度が高い

デメリット

  • (元々が天然由来の素材のため)不純物が多い
  • 対磨耗性が低い
  • 耐熱性が低い

といったところです。耐薬品性(耐油性、耐水性)、接着強度はそこそこあります。

ご興味のある方は、お問い合わせください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です